ケアプロストを10年以上愛用している者です。

ケアプロストを10年以上愛用している者です。

 

ケアプロストを10年以上愛用している者です。
もともと一重まぶたのため、

 

まつげが薄い、

 

少ない、

 

短いことで余計に目が小さく見えてしまうことがコンプレックスでした。

 

 

初めてまつげ美容液を使ったのは、

 

ケアプロストではなく、

 

ドラッグストアなどでも購入できる手軽なものでした。

 

 

名前は忘れてしまいましたが、

 

青い瓶に入っていたような気がします。

 

何ヶ月か使用しましたが、

 

特段まつげが伸びた、

 

ということはありませんでした。

 

 

ただ、

 

1本1本が細くてあるのかないのかわからないような頼りないまつげに、

 

少しだけハリがでたかな、

 

という効果があったことは覚えていますが、

 

その程度でした。

 

 

そんな私がケアプロストに出会ったのは、

 

海外商品の輸入サイトを見ていた時でした。

 

 

私は万年ダイエッターで、

 

しかも運動や食事制限ではなく、

 

サプリなどで楽して痩せたいというまあなんともご都合主義な考えだったので、

 

国内産のやさしいサプリよりも、

 

海外製のインパクトのあるサプリなどのほうが効くのではないかという安易な考えで輸入サイトを見ていました。

 

 

ということで、

 

もともとはダイエットサプリやスリミングジェル、

 

時にはフェロモンを上げるという怪しい香水なんかを中心にチェックしていたのですが、

 

「この商品を買った方は他にこんな商品を購入しています」という、

 

ネット通販でよくある文言につられてクリックしていくうちに、

 

まつげ美容液のコーナーにたどり着きました。

 

 

海外商品の強気な広告を鵜呑みにしていたわけではありませんが、

 

複数のダイエットサプリを買い物かごに入れていたためどうせなら

 

送料を無料にしたいという安易な考えでケアプロストも購入しました。

 

ケアプロストを最初に見た時の感想は、

 

ケアプロストを最初に見た時の感想は、

 

「目薬っぽい」でした。

 

 

日本のまつげ美容液のようにパッケージがキレイなわけでもなく、

 

白いプラスチックで、

 

眼科で処方された可愛げのない点眼薬のようでした。

 

 

専用の簡易的なリップブラシみたいな形のアプリケーターがついており、

 

それに液体を1滴垂らしてまつげに塗布します。

 

 

アプリケーターの使いまわしはNG、

 

片目で1本ずつ使用と説明書きがついていました。

 

 

やっぱり目ですから、

 

そういうところはしっかり注意しなければならないんだなと思いました。

 

 

1本で1ヶ月程度持ちました。

 

そして明らかにまつげが長くなったのです。

 

ケアプロストを10年以上愛用している者です。
それからすぐにリピート注文し、

 

依頼10年以上愛用しています。

 

 

おかげでまつげはフサフサ。

 

知人・友人にもマツエクだと思っていたとよく言われます。

 

 

まつげが長く多くなってからは、

 

マスカラもやめました。

 

(塗るとけばくなりすぎるくらい長くなるので)

 

 

ただ、よくばって塗りすぎると、

 

まぶたのまつげ生えていないところにはみだしてしまい、

 

変なところから毛が生えてきます。

 

 

また、

 

垂れてしまった余分な液体をきちんとふきとらないと、

 

そこが紫色っぽく色素沈着してしまいますのでお気を付けください。

 

 

これを使うのをやめたら…と思うとこわくてやめられません。

 

 

一生使い続けるのかな、

 

と悩みますが、

 

マツエクやつけまつげより、

 

自まつげが長いことがどんなに楽か。

 

 

やっぱりやめられません。

 

 

 

トップページに戻る