ケアプロストはジェネリック?ジェネリックとは?

パッチリとした美しい目元にあこがれる人は少なくありませんが、

 

そんな人たちの間で人気を集めているのが、

 

ケアプロストという薬です。

 

ケアプロストはジェネリック?ジェネリックとは?
付けまつ毛やマツエクなどに頼ることなく、

 

フサフサの自まつ毛を手に入れることができるとして評判です。

 

 

ケアプロストの主要成分である「ビマトプロスト」には、

 

毛の成長期を延長してまつ毛を長くする作用や、

 

毛包を刺激して成長を促すことでまつ毛を太くする作用があることが認められています。

 

また、

 

メラニンを活性化してまつ毛の色を濃くする作用もあるとされています。

 

 

使い続けることで長くて丈夫な自まつ毛を実現し、

 

魅力的な目元を演出するとともに、

 

付けまつ毛やマツエクを使用した後のダメージにも強くなります。

 

 

ケアプロストの魅力は大きく分けて2つあります。

 

1つは毎日1回、

 

まつ毛に塗るだけで良いという手軽さです。

 

 

そしてもう1つは、

 

値段の安さです。

 

 

というのもケアプロストはジェネリック品であるため、

 

先行薬よりも安く購入できるからです。

 

 

ジェネリック品の「ジェネリック」とは「一般的な」という意味の言葉ですが、

 

マスメディアなどではジェネリック品のことを「後発医薬品と呼んでいます。

 

 

通常、

 

新しい医薬品が世に出る時は製薬会社が製法の特許を取って独占販売を目指しますが、

 

この特許には有効期限が定められており、

 

期限が経過すると原則として誰でも利用できるようになります。

 

 

つまりジェネリック品は先に発売された医薬品の特許が切れた後に別のメーカーが同じ製法を用いて

 

製造したものであり、

 

新薬開発に要するコストの負担が要らない分、

 

販売価格が安くなるのです。

 

ちなみにケアプロストの先行薬は

 

ちなみにケアプロストの先行薬はルミガンという製品で、

 

2008年に米国政府の承認を受け、

 

2009年に1月に発売されました。

 

ケアプロストはジェネリック?ジェネリックとは?
ルミガン、

 

ケアプロストのいずれも日本では並行輸入代行業者などを通じて入手できますが、

 

価格は平均するとケアプロストの方が2割から3割ほど安くなっています。

 

 

トップページに戻る