【怖っ!】ニベアでまぶたが腫れるってホント?

女性のまつ毛は毎日の化粧や空気の乾燥などにさらされているんぼで、

 

常に強いストレスにさらされています。
【怖っ!】ニベアでまぶたが腫れるってホント?
アイプチを日頃から利用している場合は、

 

メイクのたびにまぶたやその周辺に強い負荷を慢性的にかけていることを意味しているので

 

事態は一層深刻になっていることもあるのです。

 

 

その結果まつ毛が抜けてしまったり生えてこなかったりするおかげで、

 

まつげ全体のボリュームが少なくなってしまうこともあります。

 

まつ毛は顔全体の印象を左右する部分なので、

 

放置することは出来ません。

 

できれば身近にあるものでケア出来ればそれに越したことは無いでしょう。

 

こんな状況に耳にするのが「ニベアをぬるとまつ毛対策になる」という噂です。

 

はたして本当のところはどうなのでしょうか。

 

ニベアの概要や特徴、

 

使用上の留意点をリスクも含めて御紹介します。

 

 

そもそもニベアは今から100年以上前ドイツの化粧品会社が開発したクリームです。

 

代名詞的存在なのが青い缶に入っているスタイルです。

 

 

開発入り主要原料の構成は変わっておらず、

 

水分にワセリン・鉱物油・ホホバオイル等で油分が多く配合されていることからも

 

窺い知ることができるように保湿に重点をおいた仕様になっています。

 

 

実はこれらの成分は高級美容クリームにも配合されているものと共通点が多いので、

 

最近美容アイテムとして再評価が進んでいる訳です。

 

 

それではどうしてニベアを塗るとまつ育に効果があると考えられているのでしょうか。

 

 

これには主に目元の乾燥対策の意味合いと、

 

まつ毛の乾燥を防ぐという意味合いの両面が考えられます。

 

人間の目元の周辺の皮膚は表皮が非常に薄く各種のダメージに脆弱な部分です。

 

他の部位なら表皮もそのしたの真皮も豊富なので少々のダメージをこうむっても問題hありません。

 

しかるに顔全体が表皮が薄い中にあって、

 

とりわけ目元の皮膚は繊細で薄い部分です。

 

 

年齢肌やしわやたるみが真っ先に目元に出てくるのは決して理由がないわけではありません。

 

 

それほどに乾燥などの厳しい条件には弱い部分があります。

 

 

そこで十分に保湿することで乾燥により低下しがちな

 

皮膚のバリア機能を回復させて保湿するということが重要になります。

 

 

保湿が十分になっていれば難なく耐えることが出来る刺激でも乾燥するとわずかの

 

刺激でもダメージが大きくなり結果的にまつ毛の成長も遅くなってしまうわけです。

 

 

さらにまつ毛にニベアを塗ることにはまつ毛自体も乾燥から守ると言う意味もあります。

 

普段のメイクやクレンジング・まつ毛エクステなど女性のまつ毛は常に強いストレスにさらされています。

 

 

まつ毛細胞そのものには問題がないにもかかわらず、

 

外的環境要因が過酷なおかげで十分成長できなかったり、

 

まつ毛の成長サイクルに乱れが生じてしまうといった事態が惹き起こされています。

 

こういった環境を保湿成分で保護することによって間接的にでも成長を促す作用を期待できるわけです。

 

 

しかし他方で油分を添加したことで黒味がまして成長したように見えただけとの見解も主張されています。

 

 

あるいはまつ毛が束になったのでボリュームが増加したように錯覚させているとの見解もあるようです。

 

【怖っ!】ニベアでまぶたが腫れるってホント?
このたりは個人の見解の相違の範疇とも言えそうですが一つ注意するべきなのは、

 

顔に使用することを前庭にされていないことです。

 

 

それではニベアを顔にぬることの危険性はあるのでしょうか。

 

 

そもそもこのクリームは顔への使用を考慮にいれて開発されている訳ではないのです。

 

 

特に目の周りなどに塗るとまぶたなどが腫れることがあります。

 

これはまぶたやその周辺に塗ったところ、

 

これはまぶたやその周辺に塗ったところ、

 

成分があやまって眼球の表面やまぶたの裏などに入り込んでしまって炎症を引き起こしている為です。

 

腫れるリスクがあることも想定して、

 

使用にあたっては慎重に臨むべきでしょう。

 

 

トップページに戻る