まつ毛が長いって基準はあるの?まつげの平均値は?

まつ毛の長さは女性の方なら一度は気にしたことがある方も多いかもしれません。

 

 

一般的にまつ毛が長い方が可愛いと思われていますが、

 

実際のところはどうなのでしょうか。
まつ毛が長いって基準はあるの?まつげの平均値は?

 

まつ毛が長いという基準は、

 

日本人の平均の長さが約6.8mmですのでそれ以上になると長いということになるでしょう。

 

 

ちなみに外国人は平均で約8.6mmと言われていますので、

 

日本人が短めであることがよくわかります。

 

 

男女に長さの違いがあるのかは気になるところですが、

 

男女間に関してはあまり差はないことがわかっています。

 

 

長さはさほど関係はありませんが、

 

太さは男性ホルモンの関係で男性の方が太いのです。

 

 

長さは遺伝に大いに関係しています。

 

 

ご両親のどちらかが長ければ長くなる可能性が高いのは事実です。

 

 

生活習慣にも影響があります。

 

 

まつげパーマやツケまつげ、

 

マツエクなどをしている人はまつ毛に負担がかかってしまっていますので、

 

成長を妨げてしまっていることがあります。

 

 

軽くマスカラを塗ったりアイラインを引くぐらいであれば、

 

それほど負担はかかっていませんので安心できるでしょう。

 

 

本数に関しては、

 

日本人が片目あたり約100本に対して外国人の方は片目あたり約120本あり、

 

20本の差があることがわかります。

 

 

年齢の差は、

 

やはり若い方が多くなっています。

 

まつ毛が長いって基準はあるの?まつげの平均値は?
髪の毛も同じですが、

 

年齢と共に毛の本数は減っていくものですので仕方がありません。

 

 

まつ毛を長くしたいと思っているときには、

 

しっかりとお手入れをしていくことが大切なのです。

 

 

お肌も同じですが、

 

乾燥は大敵です。

 

 

乾燥してしまうと抜けやすくなってしまって貴重な本数が減ってしまうことにもなり兼ねません。

 

 

特に冬場や、

 

マスカラなどを使った日の夜には気をつけていきましょう。

 

 

ワセリンなど害のないものを使うと効果的です。

 

 

専用の美容液を塗るのも一つの方法です。

 

 

健康な状態を作るためには必需品となっています。

 

 

毎日の食生活も非常に大切です。

 

 

毎日食べているものから作られていると言っても過言ではありませんので、

 

しっかりとした栄養バランスのとれた食事を心がけていきましょう。

 

特に効果的な食材とは、

 

特に効果的な食材とは、

 

L-シスチンという毛の主成分であるケラチンというタンパク質を構成する重要な成分です。

 

 

おもに牛乳や牛肉、鮭などにたくさん含まれています。

 

 

メチオニンはシスチンを作り出すことができるアミノ酸です。

 

 

豆腐やチーズ、

 

マグロや鶏肉などにたくさん含まれています。

 

 

牛レバーや魚介類にたくさん含まれているビオチンは、

 

育毛に大変効果的です。

 

 

亜鉛は毛の生え変わりを促進する働きがあります。

 

 

牡蠣やレバー、

 

納豆などに多く含まれています。

 

 

亜鉛は特に不足しやすい栄養素ですので、

 

意識してとっていくようにするといいでしょう。

 

 

ポリアミンという細胞の新陳代謝に深く関わっている成分があります。

 

 

納豆や味噌などの大豆の発酵食品や、

 

きのこ類にたくさん含まれています。

 

 

これらの食材を意識して摂取していくと、

 

健康なまつげを作ることができるのです。

 

 

質の良い睡眠を取ることもとても大切です。

 

 

最も成長ホルモンが分泌されていると言われている22時から翌日の2時まではきちんと寝るように心がけていきましょう。

 

ブラッシングを行なっていくことも美しいまつげを作るためには大切なことです。

 

 

このようにたくさんの方法がありますが、

 

全て健康のためにも言えることです。

 

 

身体が健康でなければ当然まつげも健康である訳がありません。

 

 

目は人から見てとても印象に残る部分です。

 

 

ボリュームがあって長さがある美しいまつげなら、

 

誰からも羨ましがられることは間違いありません。

 

 

きちんとしたお手入れをしていきながら、

 

理想のまつ毛を手に入れていきましょう。

 

 

トップページに戻る