まさかのワセリンを塗ってまつげが伸びる効果があるの? 

ワセリンでまつげを伸ばすことができるという噂を聞いたことのある人も多いのではないかと思いますが、

 

元々は石油を精製して純度を高めることで作られる鉱物油の難航であり、

 

保湿剤として利用されていますので皮膚を保湿する効果から伸びる可能性はあります。
まさかのワセリンを塗ってまつげが伸びる効果があるの?

 

人の皮膚に塗ることでバリア機能を果たしてくれて、

 

外的刺激からしっかりと守ることができます。

 

 

まつげは外的刺激によって抜けてしまうことが多いので、

 

十分に伸びるまで保護するのは重要なことです。

 

肌に優しいことでも定評があり、

 

赤ちゃんの保湿剤としても広く活用されています。

 

 

赤ちゃんの肌に塗ると分泌される成分の蒸発を防ぎ、

 

表面に留まる時間を長くすることで潤いを保ちやすくするのが主な効果です。

 

 

優れた保湿効果を持ち、

 

しかも肌に優しいという特徴から、

 

まつげを伸ばしたい時に利用するのも良いのではないかと言われています。

 

 

実際に利用した人の体験談などを確認すると、

 

確かに伸びたと実感している人が多いようです。

 

 

保湿はもっとも大きなメリットであり、

 

直接的に作用して伸ばすのではなくて目元を保湿することでまつげが育ちやすい環境を整えています。

 

 

目元の皮膚は顔の中でも特に薄くなっていて、

 

普段から乾燥しがちです。女性はメイクをしますので、

 

アイメイクをすることによって過度な負担をかけてしまい、

 

それが乾燥に拍車をかけることも少なくありません。

 

 

疲労した環境においては簡単に抜けてしまいますし、

 

途中で切れてしまうこともしばしばあります。

 

 

ワセリンを使えば乾燥を防いで目元の保湿力を高めることができますので、

 

抜けるスピードを遅くすることが可能です。

 

 

つまり、

 

保湿を行いながら外的刺激からも守るというのが見逃せないメリットとなっています。
まさかのワセリンを塗ってまつげが伸びる効果があるの?

 

 

乾燥が気になる人にとっては魅力的な方法ではありますが、

 

デメリットも存在しますので覚えておきましょう。

 

 

ワセリンは石油から不純物を取り除いて作られていますが、

 

不純物がゼロになっているわけではありません。

 

 

それを目元に塗ってしまえば不純物が目の中に入ってしまう可能性があり、

 

炎症が引き起こされる懸念もあります。

 

 

皮膚を保湿するなどの目的でワセリンを利用している人たちは

 

容器などに記載されている注意書きなどを目にしたことがあるかもしれませんが、

 

「目の中に入った場合にはすぐに洗い流してください」というような文言が記載されているはずです。

 

 

放置すると痒みが起こったり充血が引き起こされる可能性もありますので、

 

安全性に問題が無いとはいえません。

 

 

また、

 

人の目のふち部分にはマイボーム腺と呼ばれる場所が存在していて、

 

規則正しく並んだ小さな開口部は油分を分泌する役目を担っています。

 

 

そこから分泌される油分と人の涙が混ざって作られた油膜によって目は乾燥や刺激から守られていますので、

 

この部分がワセリンによってふさがれてしまうと機能の低下が起こります。

 

どのような変化が起こるのかというと、

 

どのような変化が起こるのかというと、

 

十分な油分が分泌されなくなってドライアイの原因となるようです。

 

 

他にも油はダニの繁殖を引き起こす要因になることから、

 

ダニによるトラブルも懸念されます。

 

 

ダニが大領に繁殖するとまつげは抜けやすくなりますので逆効果です。

 

 

塗った後にどのような影響があるのかを推測するのが難しいので、

 

デメリットの方が強く出てしまう可能性を考えると、

 

やはり美容液を利用した方が安心です。

 

 

美容液は目元に塗っても安心できる素材で作られていますし、

 

まつげを伸ばすために必要な栄養成分がたっぷりと配合されています。

 

 

探してみると高純度のワセリンと同じくらいの価格で購入できる商品も増えており、

 

より高い効果を期待することができます。

 

 

伸びるスピードに関して比較しても美容液の方が優秀です。

 

 

トップページに戻る