まつ毛の長さ日本と外国の平均の違いは?

日本ではアイメイクで重要な役割を担っているまつ毛に関するケア製品が売れています。

 

 

日本人のまつ毛の長さは平均で8mmくらいで、

 

成長期は3ヶ月程度です。
まつ毛の長さ日本と外国の平均の違いは?

 

髪の毛の成長期が約3年なので、

 

成長期の短さがよくわかります。

 

 

外国人はまつ毛が長いですが、

 

日本人は毛が短くカーブがあります。

 

 

理想とされる毛の長さに比べて平均で3mmほど短いのが特徴です。

 

 

8mmから9mmくらいあれば長い部類に入ります。

 

 

外国人の場合は本数も日本人より多く、

 

日本人よりも20%ほど多いです。

 

 

化粧品メーカーでは日本人女性のために美容液や毛を長く見せるマスカラなどを開発しています。

 

 

大切なまつ毛を美しく保つにはコツがあります。

 

 

まず無理をしないことです。

 

 

美しいカールを作るためにビューラーを使っている女性は多いですが、

 

毛が生え変わる時期にビューラーを使うと毛がごっそりと抜けてしまうことがあります。

 

 

若い女性の間では、

 

お洒落なつけまつ毛が人気を博しています。

 

 

目元を簡単に大きく見せることができるので便利ですが、

 

落とす際に毛が抜けてしまうこともあります。

 

 

目の周りは皮膚がとても薄くデリケートなので、

 

できるだけ専用のクレンジングを使った方がいいです。

 

 

きれいに汚れを落とした後に美容液を使えば、

 

根元のケアができます。

 

 

根本部分をケアしながらハリと弾力を保つことで新しい毛をサポートします。

 

 

美容液を使う場合は1日2回清潔な毛に使います。

 

メーク汚れが残っていたら、

 

メーク汚れが残っていたら、

 

すぐに洗顔をしてバイ菌の繁殖を防ぎます。

 

 

美容液の使用に加えてまぶたの血行をよくすると、

 

毛の育成にとって良好な環境を作ることができます。

 

 

目が疲れた場合はホットタオルを作ってまぶたの部分にあてると、

 

血液の流れがスムーズになり毛根が元気になります。

 

 

ネットショップでは様々なマスカラを販売していますが、

 

最近のマスカラはウォータープルーフ仕様なので、

 

落とすのが大変です。

 

 

マスカラを無理に落とそうとして手でこすると、

 

皮膚と毛を傷めてしまうことがあります。

 

 

絶対にこすらないことがマスカラを落とす際の鉄則です。

 

 

専用のリムーバーで優しく落とし、

 

美容液やクリームで保護します。

 

 

最近はお湯で落ちるタイプのマスカラもあるので便利です。

 

 

まつ毛は加齢により少しずつ変化します。

 

 

ヘアサイクルは毛が生えて抜けていくパターンを繰り返しますが、

 

年齢を重ねると生え変わるまでのサイクルが長くなります。
まつ毛の長さ日本と外国の平均の違いは?

 

毛自体が短く細くなるので、

 

年齢に合わせたケアが必要になります。

 

 

美容液やマッサージなど外側からのケアも重要ですが、

 

内側からのケアも大切です。

 

 

育毛に必要な栄養が足りていない場合は、

 

サプリメントなどで補ってあげます。

 

 

育毛サプリメントを上手に活用すると、

 

細くて弱い毛を丈夫で強い毛にすることが可能です。

 

 

専用の育毛剤をネット通販で購入する人もいますが、

 

外国製の医薬品を購入する場合は正規品のみを取り扱っている店で購入することが大切です。

 

 

ネット通販はもとの値段が安いうえにまとめて買うと割引もあるので、

 

かなりお徳になります。

 

 

トップページに戻る